2020年01月07日

京・柴野大徳寺 瑞峯院を訪ねて

今宮神社からバスに乗って、大徳寺にある瑞峯院を訪ねました。キリシタン大名で知られる大友宗麟公の菩提寺で、方丈・唐門・表門は天文4年(1535)に建てられた当時のもので重要文化財。
閑眠庭(方丈裏)は”閑眠高臥して青山に対す”の禅語から銘じられ、閑眠庭と呼んでいます。開基大友宗麟公が、晩年キリスト教を保護したり、宣教師フランシスコ・ザビエルについて、洗礼を受けたりして、キリシタン大名として知られていることから、中庭にあるキリシタン灯籠を中心に、七個の石組みからなり、縦に四個、横に三個の石の流れが十字架に組まれ、万民の霊を弔っております。いずれもこれらの庭園は作庭界の権威、重森三玲氏によって造られました。
この様子を動画、「京・柴野大徳寺 瑞峯院」にアップ。

DSCF5992.jpg

DSCF5995.jpg

DSCF6002.jpg

DSCF6004.jpg

DSCF6008.jpg

posted by m2holiday at 18:57| Comment(0) | 京都

冬の京都 哲学の道を歩く

銀閣寺から熊野若王子神社まで続く疏水沿いの散策路。道の名は、大正時代に哲学者の西田幾多郎がこの道を散策しながら思索にふけったことに由来する。途中にある法然院は以前、俳句雑誌の編集をしていたころ取材で訪ねたことのあるなつかしいところ。
この様子を動画、「冬の京都 哲学の道を歩く」にアップ。

01.jpg

02.jpg

03.jpg

04.jpg

05.jpg

posted by m2holiday at 11:00| Comment(0) | 京都

冬の京都・今宮神社のあぶり餅

この日は、雨の中を下鴨神社で七草粥をいただいたあと、バスに乗ってあぶり餅で有名な今宮神社を訪ねました。ここはテレビドラマの鬼平犯科帳のエンディングで登場する風情ある家並が美しいところ。
この様子を動画、「冬の京都・今宮神社のあぶり餅」にアップ。

DSCF5968.jpg

DSCF5971.jpg

DSCF5977.jpg

DSCF5980.jpg

DSCF5982.jpg

DSCF5987.jpg

posted by m2holiday at 10:00| Comment(0) | 京都

冬の京都・上賀茂神社の白馬奏覧神事・七草粥

1月7日、この日、京都の上賀茂神社では白馬奏覧神事(あおうまそうらんしんじ)が行われました。これは、年の初めに白馬を見ると一年の邪気が祓われるということで行われている宮中の儀式の白馬節会(あおうまのせちえ)を神事化した儀式です。あいにくの雨模様でしたが地元の女性たちがつくる七草粥の接待がありました。
この様子を動画、「冬の京都・上賀茂神社の白馬奏覧神事・七草粥」にアップ。

01.jpg

DSCF5913.jpg

DSCF5920.jpg

DSCF5927.jpg

DSCF5933.jpg

DSCF5934.jpg

posted by m2holiday at 00:00| Comment(0) | 京都