2018年02月27日

中山道塩名田宿を散策

今年最初の温泉は信州望月にある春日温泉。以前に何度も訪ねている国民宿舎「もちづき荘」を予約。ここは美人の湯として人気も高く、地元の人たちも日帰り温泉を楽しんでいる。
中山道信濃路の塩名田宿は国鉄時代に蒲田駅勤務の職員と二人で撮影に来たことがある。このころは新幹線もなく上野から信越線で小諸まで行き、そこからローカルバスで塩名田へ向かった。
塩名田宿は江戸から43里13丁、23番目の宿場となる。千曲川の流れと街道が交わり小さいながらも渡し場として栄えた河川交通の要衝。国道から下に行くと旧街道がいまも当時のままの面影を残している。
国道沿いにある公民館の駐車場に車をとめて旧街道を散策しました。

DSC_1512.jpg

DSC_1518.jpg

DSC_1521.jpg

DSC_1534.jpg

DSC_1547.jpg

DSC_1564.jpg

DSC_1583.jpg

posted by m2holiday at 00:00| Comment(0) | 日本の街歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: