2020年06月22日

江戸時代の旅人気分で中山道信濃路を歩く

数年前、中山道信濃路を訪ねました。千曲川沿いの塩名田から御馬寄に入りとぼけたお地蔵さんを見て望月へ。今回の宿泊は望月から蓼科山の麓にある春日温泉の国民宿舎もちづき荘。美人の湯として知られるいい温泉です。翌日は牧水の句碑のある水がきれいな茂田井宿へ。水がおいしいというので造り酒屋が二軒あります。そして中山道でただ一つの松並木のある笠取峠を経て長久保宿へ。本陣、郷土資料館を見学して和田宿へ。和田峠のトンネルを抜けると下諏訪宿。諏訪大社を参拝して塩ようかんで有名な「新鶴」でお土産を購入。動画を高画質に再編集してアップ。
この様子を動画、「江戸時代の旅人気分で中山道信濃路を歩く」でどうぞ。

DSCF1521.jpg

DSCF1524.jpg

DSCF1492.jpg

DSCF1489.jpg

DSCF1475.jpg

posted by m2holiday at 18:36| Comment(0) | 日本の街歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: