2016年12月12日

遅れている日本の電線地中化

国土交通省では今後は電線の地中化推進の方針が出ているようです。
パリの地中化は100%。そういえば電柱がないので街がすっきり見えます。
日本も電線の地中化と一緒に街の環境をよくするため看板の規制も同時にやってほしいね。

DSCF2471.jpg

DSCF2474.jpg

DSCN1376.jpg

DSCN9421.jpg

posted by m2holiday at 21:48| Comment(0) | 環境

2016年11月28日

ニュージーランドの公園の看板はグリーン地に黄色の文字

ニュージーランドの公園・森林・トレッキングコースなどの表示看板はすべてグリーン地に黄色の文字が基本。地域の公園をお掃除するボランティアグループ「めぐろコミュニティガーデン」のフラッグも同じようにグリーンに黄色。周囲の緑と調和してしかも視認しやすい。現在の目黒区の公園はまちまち。早く環境に配慮した、統一したサイン計画を実現してほしいね。
しかも、公園にあるサインは外国人でもわかりやすい。やってはいけないことはすべてイラストで表示。これなら子供でもわかりますね。

01.jpg

02.jpg

03.jpg

04.jpg

05.jpg

posted by m2holiday at 16:22| Comment(0) | 環境

2016年07月18日

東京湾の原発汚染の状況は大丈夫なのか

今日は「海の日」。この機会にもう一度東京湾の原発の影響を再確認してみよう。この動画の中に興味深い汚染水の状況がでています。(10分くらいのところからの発言)
子供たちが安全に遊べる美しい海を取り戻したいですね。
動画はこちら、「2020年東京オリ・パラ特措法一部改正案」へ。

photo.jpg

posted by m2holiday at 22:15| Comment(0) | 環境

2016年02月09日

目黒区中町せせらぎ緑地公園の灰皿が撤去されます

中町せせらぎ緑地公園の灰皿が2月中旬に撤去されます。
いくら灰皿を設置してもマナーの悪い人が多く、公園の中央にあった灰皿が近々撤去されます。
したがってこの公園内では喫煙できません。子供たちもこれからは煙になやまされずに元気に飛び回れます。

DSCN1201.jpg

DSCN9256.jpg

DSCN9254.jpg

posted by m2holiday at 15:33| Comment(0) | 環境

2014年10月21日

丸の内はビルの谷間に緑でいっぱい

ここ丸の内仲通りは両側に緑の木々が並んでいる。両側のショップもこの街の風景にとけこんでいるよう。
都会の真ん中にこのような緑があるとなぜかほっとする。
よく見たら繁華街でよく見る派手な看板がひとつもない。電柱がないこともすっきり見えるひとつの要因。
サイン計画がしっかりしていてわかりやすい。こんなまちづくりが日本中に広がるといいね。

DSCN1695.jpg

DSCN1698.jpg

DSCN1702.jpg

DSCN1731.jpg

DSCN1732.jpg

posted by m2holiday at 17:32| Comment(0) | 環境

2014年10月17日

目黒区の公園も全面禁煙にしてほしい

目黒区の公園も子供に配慮した公園にしてほしい。
品川区のかむろ坂公園には公衆トイレがあります。タクシーの運転手さんが立ち寄って歩道でたばこを吸うこともありますが、公園の近くでは禁煙とされています。
中町せせらぎ緑地公園はすべり台などの遊び場の真ん中に吸い殻入れが設置されていて、いつもポイ捨てによって吸い殻がまき散らされています。
もっと環境にやさしい目黒になるようみなさんのご協力をお願いします。

DSCN1609.jpg

posted by m2holiday at 16:45| Comment(0) | 環境

2014年09月04日

パリと渋谷の看板、どっちが美しい?



posted by m2holiday at 11:17| Comment(0) | 環境

2014年08月17日

北沢川(ふれあいの水辺)



posted by m2holiday at 08:59| Comment(0) | 環境

2014年06月11日

碑文谷公園の木々に思う

木だって生き物。
まるで檻に入れられているみたいでかわいそう。
もうひとつの木のように土に植えてのびのびとさせてやりたいね。
どうして同じ公園なのに異なるのだろう。

DSCN9323.jpg

DSCN9325.jpg

posted by m2holiday at 22:41| Comment(0) | 環境

2014年03月15日

北沢川緑道は下水の再生水でせせらぎをつくっている

3月15日、きょうは北沢ホールでサンチャゴ巡礼報告会があるので家から歩いて下北沢へ向かった。電車だといったん渋谷へ出て井の頭線に乗り換えていくので三角形の二辺を行くことになり遠回りになる。そこで歩いて向かうことにした。
三宿から246を突っ切り淡島へでると道路にそって緑道が見えた。北沢川緑道(ふれあいの水辺)と呼ばれ、目黒区にある呑川緑道よりも幅が広い。ただせせらぎはその一部の狭い部分に流れているがまわりには水草が茂り四季折々の草花が植えられている。歩いていてきもちのいい散歩道だ。
公園にはオカメサクラというピンク色のきれいな桜が満開になっている。
この緑道の両側には桜並木があり、さくらの季節には絶好の散歩道となる。目黒川のように周囲にレストランやカフェがないぶん、のんびりと桜を観賞して散策できる。
巡礼報告会のあとも、この道を通って自宅まで戻ってきた。
きょうの歩数計は15,970歩、13.7キロを歩いた。

DSCN4569.jpg

DSCN4579.jpg

DSCN4581.jpg

DSCN4583.jpg

DSCN4585.jpg

posted by m2holiday at 20:28| Comment(0) | 環境